Neo Wired Pot Stand 開発裏 | Final Flame Gear

2017/01/24 15:14

本日より、新商品のNeo Wired Pot Stand の販売を開始しました。
商品の特徴や説明は上記ページを見て頂くとして、ここでは開発の裏側を少し載せていこうと思います。

Neo Wired Pot Standの開発では、スタビライザーの形状変更で4度のモデルチェンジがありました。
写真の左上から時計回りです。

最初のモデルでは、一番肉薄に造って実際に使用してみる事で強度のテストを行いました。水の入ったポットを乗せる分には問題のない強度でしたが、折り畳み機構を付ける場合はヒンジの強度と耐久性不足が明確でした。

その後、2番目・3番目のモデルでは展開時に上部金具でスナップ式に固定できるようにしていましたが、長く使用するとWelded Wire側の一部分に力がかかり過ぎると判断して却下。
さらに収納時にスタビライザーの端が僅かにハミ出してしまう問題が発生、CADソフトと格闘する日々が続きます。

左下の最終モデルでは全体的に肉付けし強度を確保、上部金具はWelded Wire側に伝わる力を縦と横に分散させる形に変更、結果最も耐久性を重視した形になりました。
また、収納時はほぼ完全にWelded Wireの円柱の中に隠れるよう、スタビライザー先端を2つに割れたデザインにして収納時のクリアランスを確保しています。

これまでワイヤー五徳を使ってきた方にこそ、是非手にとって頂きたいと思います。
(取扱い店舗様を随時募集中です)



Final Flame Gear
Rikiya Koide